Sharp X68000 Disassemblies
You can not select more than 25 topics Topics must start with a letter or number, can include dashes ('-') and can be up to 35 characters long.

bind.en.strings 2.0KB

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233
  1. モジュール作成 Module creation
  2. モジュール追加 Module addition
  3. モジュール更新 Module update
  4. モジュール取出 Module removal
  5. モジュール削除 Module deletion
  6. ファイル消去 File erase
  7. ファイル読込 Read file
  8. ファイル作成 File creation
  9. bind:バインドされているXファイルはバインドできません bind: X file that is bound cannot be bound
  10. bind:取り出すべきXファイルは含まれていません bind: does not include X file to retrieve
  11. bind:ファイル名がありません bind: file name is missing
  12. bind:ファイルが見つかりません bind: file not found
  13. bind:すべてを削除することはできません bind: can't remove everything
  14. bind:書き込みは禁止されています bind: write prohibited
  15. bind:Xファイルの構造が不正です bind: X file structure is invalid
  16. bind:バインドファイルの構造が不正です bind: The structure of the bind file is invalid
  17. bind:ファイルはバインドされていません bind: file is not bound
  18. bind:テンポラリファイルが作成できません bind: Cannot create temporary file
  19. bind:取り出したXファイルが作成できません bind: Unable to create the extracted X file
  20. bind:取り出すXファイル名とバインドファイル名が重複しています bind: The X file name to be extracted and the bind file name are duplicate.
  21. bind:メモリが不足しています bind: out of memory
  22. bind:バインドファイルが作成できません bind: Cannot create bind file
  23. bind:削除すべきXファイルは含まれていません bind: does not include X files that should be deleted
  24. 使用法:bind[スイッチ]ファイル名[ファイル名・・] Usage: bind [switch] filename [filename...]
  25. ファイルの更新(ディフォルト) Update file (default)
  26. Xファイルの取り出し Extract X file
  27. Xファイルの削除 Delete X file
  28. リスト出力 List output
  29. バインドファイル名指定 Bind file name specification
  30. テンポラリパス名指定 Specify temporary path name
  31. /u /x /d /lのスイッチはどれか一つを指定します Only one of the /u /x /d /l switches should be specified
  32. /lスイッチを付けた時はバインドファイルのみ指定します When the /l switch is attached, only the bind file is specified
  33. /oスイッチを省略すると最初のファイルを操作します If the /o switch is omitted, the first file will be operated