cross platform X68000 disassembler (Human68k, Windows, Linux)
You can not select more than 25 topics Topics must start with a letter or number, can include dashes ('-') and can be up to 35 characters long.

labelfile.5 1.6KB

1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556
  1. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2. ソースコードジェネレータ ラベルファイル書式
  3. ────────────────────────────────────
  4. '*'から始まる行はコメント行.
  5. アドレス (空白) 属性文字列 [(空白) シンボル名] ... [(空白) *コメント]
  6. アドレスは6桁の16進数で、頭に'$'・'0x'などは付かない.
  7. シンボル名は空白で区切って複数記述できる.
  8. 属性文字列
  9. P プログラム
  10. # RB 相対オフセットテーブル(バイト) **未対応**
  11. RW 〃 (ワード)
  12. RL 〃 (ロングワード) [*]
  13. DS 文字列データ
  14. DB バイトデータ
  15. DW ワードデータ
  16. DL ロングワードデータ
  17. DZ ロングワードテーブル [*]
  18. DF 浮動小数点実数データ(単精度)
  19. DD 〃 (倍精度)
  20. DX 〃 (拡張精度)
  21. DP 〃 (パックドデシマル)
  22. DU サイズがない/分からないデータ
  23. [*]印付きの属性は dis.x が出力することはなく、ユーザ指定のみ.
  24. 属性の最後が 'F' の場合は、絶対にその属性であることを示す.
  25. dis.x が出力する属性文字列は全て大文字である. ユーザが属性を書き
  26. 換える場合、小文字で記述すればそこから解析を行う.
  27. シンボル名
  28. 実行ファイルのシンボルテーブルに含まれる、アドレスを現わすシンボ
  29. ル名が全て出力される.
  30. ラベルファイルを読み込ませた場合はシンボルテーブルに含まれるシン
  31. ボル名は無視されるので、書き換えたり削除・追加することが出来る.
  32. シンボル名が出力されたラベルは外部定義であるが、その行のシンボル
  33. 名を全て削除した場合、そのラベルは内部定義として扱われる.
  34. シンボル名がないラベルにシンボル名を記述しても、外部定義にはなら
  35. ない.
  36. ソースファイルのラベル行には全てのシンボル名が出力されるが、命令
  37. 中のオペランドとして使用されるのは先頭に記述されたシンボル名だけ
  38. である.
  39. ────────────────────────────────────